腸年齢が若い人には特徴がある

腸内環境は、通常老化によってどんどん悪くなっていきます。
人が老化して、老化により運動不足の場合、腹圧が弱くなり

腸年齢が若いと肌も綺麗

結腸の機能が低下していきます。


また、硬い物を食べるのが苦手となってきて便秘などを起こしたり、いわゆる「老人性細便」になって、便がなかなか出にくくなります。そうなると、腸内常在菌のバランスが大きく変化していきます。

腸内のビフィドバクテリウム(ビフィズス菌)が著しく減少する中で、大腸菌やクロストリジウム
特にウエルシュ菌などが増加する「腸内常在菌の老化現象」が起こってきます。

このような現象は、以前は「腸年齢の老化」と理解されてました。
ところが、最近では腸内環境によって、腸年齢が左右されることがわかってきました。

腸内環境の状態は、培養法で腸内常在菌(ビフィズス菌や大腸菌など)を調べれば
確認することはできますが、ただ時間と費用がかかり大変です。

そこで、腸内常在菌を調べなくても腸内環境を簡単に調べられるものが
「腸年齢チェックシート」です。ただ、ある程度個人差があるため目安程度と考えてください。

この方法をもとに調査した結果、分かったことは若い人ほど、実年齢より腸年齢の方が老化しており、腸年齢が実年齢より若い人は全体の38.5%でした。そして、腸年齢が実年齢よりも若い人の特徴としては、「ストレスが少ないこと」や「プロバイオティックを普段から摂取している」「専業主婦」などでした。また、腸年齢が若い人ほど、腸内環境のことを気にしていることもわかりました。

また、エイジングに関しても、腸年齢が若い人ほど下記3つの特徴があります。
  • 加齢によって失うものより得るものの方が多いと感じている事
  • 健康状態・体力・気持ち・容姿なども若い傾向にある
  • プロバイオティクスの摂取頻度が高い事
この調査結果にあらわれているのは、腸年齢の若さを保つこそが
健康で長生きする方法の近道であるという事です。

プロバイオティクスを摂取して、日々の腸の健康を気遣い規則正しい生活をして
ストレスの少ない生活をおくることで、明るく前向きに人生を過ごしています。

そういった人ほど、腸・肌・脳を含めた全てにおいて若さを保っている傾向にあるといえます。

腸内環境を積極的にコントロールする「プロバイオティクス」が注目されていますが
腸内環境改善に大きな役割を果たしているからなのです。

腸内環境改善サプリメントのトップへ